coriander

セリ科の1年生草

デトックス効果があると言われているコリアンダーは、花粉の季節にピッタリのスパイスです。また、冬に貯めたエネルギーが開放される春は、肝の働きが活発になり胃の働きが弱りやすい季節でもあります。
新年度のスタートで、新しい人間関係など知らず知らずの内に積み重なっていくストレスで胃腸が弱りがちな時に、消化促進+デトックス効果の高いコリアンダーを上手に利用することで、身体の中から不安の要素を排出してしまいましょう!

コリアンダーシードの成分
リナロール(コリアンドロール)、ピネン、ジペンテンテルピネン、フェランドレン、リナロール、ゲラニオール、ボルネオール、サイメン...etc

コリアンダーシードの効能(コリアンダーシードの薬理効果・健康効果)
消化促進、駆風作用で腸内を調えお腹のガスを取り除いてくれます。食べ過ぎた時の胃もたれなどには、コリアンダーシード(パウダーではなくホールを使ってください)を煮だしたお茶がお薦めです。 体内に溜まった毒素を排出してくれるデトックス効果があるので、花粉に悩まされる春には積極的にとりたいスパイスの1つです。その他、鎮静、抗菌作用もあると言われています。

コリアンダーシードの香りと特徴
レモンとセージを合わせたような芳香のコリアンダーシードはスッキリとした風味です。タイ料理や中南米料理、中華に良く利用されているパクチー(香菜)はコリアンダーシードの生葉で、シードとは全く違った香りと風味を持っています。

クミンに比べて知らない方も多いのですが、インドタイプのカレーにはマストのスパイスです。
ホール、パウダー共に幅広く利用されるコリアンダーシードですが、単独で主役になるようなスパイスではありません。カレーを例にとれば、突出した存在感のクミンと他のスパイス、食材を上手くつなげてくれる調整役のような存在です。

ホールはお茶に、パウダーはお料理に使います。稀に「パウダーをお湯に溶かして飲む」と本に記載されていたりしますが、美味しくないのでオススメできません。お薬ではないので、美味しいと思う方法で上手に取入れてください!

コリアンダーシードと相性の良い食材
蛋白な味わいのお料理と相性がよく、チキンやシーフードマリネ、白身のお魚、パンンなどに良く使われます。 ホールのままピクルスにいれたり、トマトやパクチーと合わせてアボガドディップに混ぜてもコクがでます。

ネパールでは野菜炒めによく使われます。キャベツや根菜類などを少量のコリアンダーパウダーと胡椒で炒めて、仕上げに醤油をたらすのがお薦めです。

クローブやナツメグ、オールスパイス、シナモン、胡椒などと相性が良いので、これらのスパイスと一緒にお肉料理に使えば、使用範囲も広がります。 また、クミンと合わせてパウダーでカレーにいれると、カレーのとろみが増し風味も調えてくれます。

カレー以外のお料理では、多く加えすぎないようにしましょう。コリアンダーシードが多すぎると、何とも言えない生臭さのような臭みを感じてしまいす。