mint
シソ科の多年草

ミントは、クールミント(和種ハッカ)、スペアミント(オランダハッカ)、ペパーミント(西洋ハッカ)の3つに分類することができます。交雑しやすい為、交配種や雑種が多く、その数は600種以上とも言われています。

ドロップやガム、歯磨き粉の印象が強いミント、ハーブティーとしても有名です。お料理ではゼリーやアイスなどの洋菓子が思い浮かびますが、タイのイサーン地方の料理などではフレッシュミントをふんだんに使った炒め物なども有名です。

ドライミントをお料理に利用する時は、爽やかさを付加する程度の気持ちで分量を控えめに、他のスパイスとブレンドして利用するのが秘訣です。

ペパーミントの成分
メントール、ケトン、ピネン、リモネン、シネオール

スペアミントの成分
カルボン、リモネン、メントン、シネオール、ピネン

ペパーミント/スペアミントの効能(ペパーミント/スペアミントの薬理効果・健康効果)
ストレス対策にぴったりなのが、スッーとした香りを持つミント。
リフレッシュ効果や消化促進効果の他、抑鬱、イライラ、ストレス性の頭痛や目の痛みに効果があると言われています。上半身の火照りを取ってくれるのでのぼせがちな夏や更年期によるホットフラッシュの時に、お茶で飲むのもお薦めです。
眠気防止(脳の活性化)にはブラックコーヒーよりも効果があるとレポートがでています!車の運転にはミントティーをご持参で!

ペパーミント/スペアミントの香りと特徴
ドライスパイスとして販売されているのがペパーミント。
スッキリとした香りが日本人に馴染みやすく好まれています。タイ料理:ラープムー等に使われているのはペパーミントで、葉は濃い緑色をしています。

一方、欧米でミントと言えばスペアミント。キューバのカクテル「モヒート」でお馴染み。メントールが少なくペパーミントより清涼感が弱く香りが穏やかで甘味があります。フレッシュなスペアミントの葉はやや薄い黄緑色。ベトナム料理やアイスクリームのトッピングに使われているのはスペアミントです。

ペパーミント/スペアミントと相性の良い食材
ラムやマトン等臭みの強い肉や、豚バラ肉、秋刀魚などの脂分の強い食材との相性が良い。レモン等の柑橘系、ニンニク、唐辛子との併用でよりマイルドな料理に。
お酒やゼリーなど砂糖の甘味と調和します。洋菓子やカクテル、ハーブティーなどに多く利用されています。