orange_peel
ミカン科の常緑小喬木

温州みかんが食用とされ始めたのは江戸時代に入ってからで、それまで流通していたのは薬用として乾燥させた皮の部分でした。これが陳皮といわれるものです。

さわやかな香りで抜群の栄養効果を持つ陳皮は、正に食べる漢方薬。梅雨時期のむくみ解消にも活躍してくれるスパイスです。それほど辛味も辛味もないので、サラダのドレッシングに混ぜたり、お茶漬にひとふりするなど、オプションとして様々なお料理に使用することができるスパイスです。

陳皮(チンピ)の成分
リモネン、テルピネン、ヘスペリジン(ポリフェンール成分)、ルチン他

陳皮(チンピ)の効能(陳皮の薬理効果・健康効果)
ビタミンCの含有が豊富で、免疫力をアップする効果や風邪の予防、風邪をひいてしまった後の細胞修復と整腸作用に効果を発揮すると言われています。
また、血流を改善し、毛細血管の強化、血管と血液を元気にする効果があるため、体を温める作用があると言われています。
その他にも陳皮には紫外線による皮膚コラーゲンの分解を抑制する働きが知られており、美白効果が期待できます。
近年は、陳皮のコレステロール合成酵素の働きを抑制する効果が注目され、糖尿病や生活習慣予防効果などが期待されています。 肝機能強化、アレルギーの緩和、整腸作用、利尿、むくみ予防、方向性リラックス効果などなど、まさに漢方薬そのものと言えるスパイスです。

陳皮(チンピ)の香りと特徴
陳皮はマンダリンオレンジ、または温州みかんの皮を天日干しして作られたスパイスです。
陳皮は甘酸っぱく爽やかな香りで少し苦味があります。中国では古いものほど高価とされていますが、柑橘系の爽やかさやフレッシュさをブレンドスパイスやお料理のアクセントとして加えたいので、お料理やお茶には新鮮な陳皮を利用します。ゆずやスダチ、カボズの皮を利用するように陳皮を利用すると、使い方のイメージがつきやすいと思います。

ちなみに、オレンジにはビターとスイートの2種類があり、ハーブティーとしてはどちらもオレンジピールのお茶として流通していますが、ビターオレンジの方が薬効が優れているとされています。オレンジピールと書かれている商品は、みかんの皮を乾燥したものですが、ビータかスイートかが明記されていないことが多いので陳皮でないこともあります。
マンダリンオレンジが使用されている場合も多く、砂糖漬けにしたお菓子の「オレンジピール」はマンダリンを利用しているものが多いようです。

陳皮(チンピ)と相性の良い食材
陳皮は日本の代表的なブレンドスパイス「七味」やカレー粉にも入っています。柑橘系の爽やかな香りは、紅茶やスパイスティー、ハーブティーとも相性が抜群です。体を温める高価があるので、シナモンやジンジャーと一緒に私はチャイにも入れています。
また、ブラックペパーや山椒、カルダモン、ジンジャー、クローブ、オールスパイス、ナツメグなどの他のスパイスとの相性も良いので、一緒に使用すると陳皮の利用頻度がぐんっと広がると思います。
単独では、味噌や胡麻、塩と混ぜて利用したり、脂分の多い食材に使うとさっぱり感をもたらしてくれます。それほど主張の強いスパイスではないので、サラダやお茶漬けにまぜたり、お味噌汁にいれても美味しいですが、苦味があるので、入れ過ぎや煮込み過ぎには注意してください。

陳皮や乾燥ピールスパイスの作り方はこちらから!