rosemary
シソ科の常緑小灌木

ローズマリーチキンでお馴染みのローズマリー、実はお肉だけでなくじゃがいもやカブなどのホクホク系のお野菜によく利用されるスパイスです。
近年は強い抗酸化成分が注目されているローズマリー。爽やかな香りがじゃがいもの臭みを取り除いてくれるだけでなく、古くから「若さを取り戻すスパイス」として美容面でも注目されているアンチエイジング効果抜群のスパイスです。

ローズマリーの成分
ボルネオール、シオネール、ピネン、カンフェン、カンファー、リナロール、リモネン、テルピオネール、カリオフィレン...etc

ローズマリーの薬理効果
ローズマリーに含まれるフェノール酸の一種ロスマリン酸が、強力な抗酸化成分を持っており、若さを保つのに役立つことが分かっています。
消化・血行促進、活力増強、頭痛鎮痛にも良いとされ、わずかに苦味を感じる爽やかな芳香は、脳の働きを活性化し、記憶力・集中力を高めると言われています。食事やアロマテラピーだけでなく、フレッシュなローズマリーの枝を勉強机の上に生けておくなどの工夫をすることで、気分的なリフレッシュだけでなく受験勉強の眠気防止や集中力強化にも一役かってくれるでしょう。

ローズマリーの香りと特徴
新鮮な甘い芳香と爽やかなほろ苦さが特徴のローズマリーは、全体的に青臭い香りが強く、ヒノキに通じるような独特な香りを持っています。ローズマリーの香気は非常に強く持続性があるので、お料理で使用する場合は、分量を控えめにするなどの注意が必要なスパイスです。
購入する際は、パウダー状のものではなく、ホールのものを買うようにしてください。パウダーを使いこなすのはプロのお料理人でも難しいというぐらいのくせものです。また、調理した後は、ベイリーブスのようにローズマリーを取り除くというのもお薦めです。ヨーロッパでは「魔女を追い払う」との言い伝えからか、よく庭先に植えられたりしています。

ローズマリーと相性の良い食材
お肉の脂臭さを矯臭してくれるローズマリー、鶏肉、マトン、豚肉との相性が抜群です。
フレッシュなローズマリーの枝をお肉の下に挽いてグリルしたり、ホールのドライローズマリーを手で揉むように細かくして振りかけ、胡椒や塩、オリーブオイルとマリネしてから焼き上げるなどすると、爽やかな香りが肉の臭み取り除いてくれます。

あまり知られていないのですが、ご家庭で大活躍するローズマリーの使い方は、じゃがいもやカブ、カリフラワーなどのホクホク系のお野菜を茹でる時のお湯にローズマリーをすこし加えるという使い方です。ホクホク系を茹でた時の独特のモワッとした臭みは、ローズマリーの入ったお湯で茹でるだけで、爽やかな香味に変わります。
ふかしたジャガイモのもわっとした香りが苦手で、じゃがいもを好きになれない方は、是非ドライローズマリーを2つまみ程いれたお湯で、じゃがいもを茹でてみてください。