シナモン/カシヤ(桂皮)の効能・美容効果・使い方・食材との相性

シナモン/カシヤ(桂皮)の効能・美容効果・使い方・食材との相性
スパイス*シナモン:Cinnamon

クスノキ科の常緑樹

繊細な香味のセイロンシナモンと刺激的な香味のカシア

シナモンには「セイロンシナモン」と「カシア」の2種類があります。

スティックになったものが「セイロンシナモン」で写真のような樹皮の皮のようなものが「カシア」と呼ばれるものです。

セイロンシナモンは上品な香味

「セイロンシナモン」はその名の通りスリランカ産が多く、西インド諸島で収穫されます。香味も上品で繊細な香りがします。
紅茶や焼き菓子などには柑橘系の上品な甘い芳香の「セイロンシナモン」がお薦めです。

皆さんご存知のシナモンスティクがこれにあたります。

八つ橋の使われているのは「カシア」パウダー

「カシア」は日本では有名な、あの「八つ橋」に使われているシナモンで、香味も強く強壮的、産地としては中国産が有名です。別名を「桂皮(ケイヒ)」と言います。

カレーやチャイなどインド料理や刺激的なお料理には、この「カシヤ」と呼ばれる種類のシナモンが使われます。

市販されている「シナモンパウダー」は基本的にはこの「カシア」を粉末にしたものです。「セイロンシナモン」のパウダーはほとんど流通しておらず、お目にかかることはできませんが、VOX ORGANIC SPICE の「シナモンパウダー」はなんと、贅沢にも「セイロンシナモン」をパウダーにしたものです。

値段的にも、当然、「イロンシナモン」の方が「カシア」よりも高額です!

インド料理に最適!シナモン独特のパンチを感じられるのはカシアです!

セイロンシナモンに比べ、渋みや収れん性を感じますが、シナモン独特のパンチを感じられるのがカシアなので、カレーに配合するガラムマサラやチャイに使うシナモンは、「カシア」を選ぶとよりパンチがあるチ調合になると思います。

シナモン・カシヤ(桂皮)の成分

シナミックアルデヒド、オイゲノール、ピネン、フェランドレン、クミンアルデヒド、リナロール…etc

シナモン・カシヤ(桂皮)の効能・美容効果

シナモンはジンジャー(生姜)よりも身体を温めてくれるスパイスです

漢方薬でも処方されるシナモンは、生姜(ジンジャー)よりも身体を温める「温熱」の性質を持っています。

冷えによる胃腸障害や痛みに効果があるとされています。

生姜(ジンジャー)の1番の効能は発汗作用

生姜はマスコミの影響で身体を温めるスパイスだと思われていますが、実は、生姜(ジンジャー)の1番の効能は「発汗作用」です。

漢方養生学では、風邪などの不調を「邪気」や「風邪」と呼び、外側から身体の体表、毛穴などから体内に侵入してくると考えます。

そんな時に発汗作用のある生姜(ジンジャー)で内臓を温め、汗をかくことで、体表についた「邪気」を流して落としてくれると考えます。

少し寒い思いをしてしまった時や、免疫力が低下して喉が痛くなってしまった時などは、生姜やシナモンを煮出して紅茶を入れて飲んでみてください。汗がダクダクと出てきます。

よく吹いて、そのまま暖かくして寝れば、体調回復に一役かってくれるでしょう!

シナモンがハゲ(薄毛)に効くと言われる理由

血の巡りを良くして内蔵を温めると言われているシナモンは、腎に働きかけて元気を補ってくれるので、強壮効果や疲労回復効果があると言われています。

「血の巡りをよくする」効果と「腎」に働きかける効果が、薄毛(ハゲ)に効果をもたらすと言われている所以です。

シナモンには髪の毛に栄養を運ぶ毛細血管を修復・強化する成分が含まれており、血の巡りがよくなるわけです。

これは月経不順やPMS(月経前症候群)、更年期障害なでの婦人科系疾患にお悩みの方にもお薦めのスパイスと言われる理由です。

髪の毛は腎臓の健康を表している?!

漢方養生学では、髪の毛は「腎」が司っていると考えます。

「肝腎要(かんじんかなめ)」と言われる大切な「肝臓」と「腎臓」ですが、鋭気や若さは腎臓の強さに現れます。

貧血や血不足だと、髪の毛が抜けたり、猫毛になったりしますが、いわゆる房事不摂生などで体力を消耗し過ぎても、髪の毛が抜けたりします。

これは、腎臓が弱っているシグナルでもあります。
腎が強い人は、髪の毛も健康で白髪が少ないことが多く、これが鋭気や若さを象徴していると考えることもできます。

シナモンの食べ過ぎは逆効果

ただし、だからと言ってシナモンを食べ過ぎては行けません!!

シナモンの主要成分である「クマリン」は、過剰に摂取すると肝機能障害を誘発すると言うレポートが出ています。

デンマークでは、シナモンロール(kanelsnegel)やシナモンツイスト(kanelstang)に使われるシナモンの分量がEUの定める規定値を超えているとして、生地に入れるシナモンの量を減らすように指導を受けてと言うニュースが7年以上前に出されていました。

シナモンロールの食べ過ぎには注意が必要?!

EUでは、焼き菓子などに含まれるクマリンの量は、1つのペストリーにつき15mg(0.015g)までと決められています。
体重で言うと1kg当たり0.1mgが1日の摂取量と制限されています。

ちなみに隣国のスウェーデンのシナモンロールには、デンマークのシナモンロールの約3倍ものクマリンが含有されているそうです。

伝統的かつ季節的な食品として、特別な扱いを受けているそうですが、シナモンロールが好きな方は、食べ過ぎにはどうぞご注意ください!

腹痛や下痢、発熱、嘔吐にもシナモンが効く??

その他シナモンは、インドでは、腹痛や下痢の治療薬として、また和漢薬として発熱、嘔吐にも利用されているそうです。

シナモン・カシヤ(桂皮)の香りと特徴

シナモンスティックは「セイロンシナモン」と呼ばれる通りスリランカや西インド諸島で収穫されます。

柑橘系の上品で爽やかな甘い香りが特徴で、お菓子や飲み物などの香り付けに広く利用されています。

一方、スーパーで売られているパウダー状のシナモンは、カシアと言う種類で、中国やベトナムが産地です。

原型は樹木の皮そのもので、原型は一般的にはほとんど流通していないので、初めて見る方も多いかもしれません。

セイロンシナモンに比べて甘く濃厚な強い香りを持ち、まさに「八つ橋」の香りそのもの、若干の渋みと収れん性が感じられ上品さにかけると評価されています。

日本では、原型(ホール)としてはスティック状のセイロンシナモンが良く知られていますが、香りは八つ橋のカシアがお馴染みです。

シナモンとカシアは別の樹木

どちらも成分が類似しており、「シナモン」として流通していますが、実は違う樹木から採れるスパイスで香りにも若干の違いがあるので、上手に使い分けるとよいでしょう。

シナモン・カシヤ(桂皮)と相性の良い食材

シナモンの甘い香りは、お菓子やドリンク、果物と相性が抜群です。

シナモンはひき肉との相性が良い!

臭み消しに効果的なオイゲノールを成分に含んでおり、甘いものだけでなく豚肉などに使用すると深みのある良い香りと味が楽しめます。

ハンバーグにナツメグと一緒にほんの少し入れてみて!

トマトケチャップやソースの原料としても利用されているシナモン、カレーやハンバーグにもお薦めです。

赤ワインとも相性抜群のシナモン

その他には、リンゴやバナナ、コーヒー、紅茶、赤ワインとも相性抜群。

シナモンは様々はミックススパイスの主要成分

ミックススパイスなら、フランスの「カトルエピス」、中華に欠かせない「五香(ウーシャン)」、カレーに必須の「ガラムマサラ」、インドのミルクティー「チャイ」にも配合されています。

ブレンドスパイスの主要構成成分として世界的に愛されているスパイスです。

シナモン摂取量の注意事項

近年、シナモンの香り成分の1つであるクマリンという物質を過剰に摂取することにより、肝障害が誘発されるとの報告がでています。 ドイツでは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)が、耐容一日摂取量(人が一生涯にわたり摂取しても健康への影響上問題ないとされる一日当たりの摂取量)を、体重1キログラム当たり0.1ミリグラムに定め、注意喚起をしています。

「毎日食べる」をやめてみる!

スパイスに限らず、健康効果が高いと言われる食品でも、1つの種類を集中的に、また偏って食べることは避けましょう。

バランスの良い食事が一番です!

karadanokoe.blog.jp/self-care/20160519.html

スパイス&ハーブカテゴリの最新記事