ローズマリーポテト

ローズマリーポテト
Exif_JPEG_PICTURE

[Recipe]
ローズマリー(ドライ):小匙1/5

じゃがいも:2個
塩:少々

[作り方]
①お水をいれた鍋に、じゃがいもとローズマリーをいれ、強火で15分程煮る。
②竹串がじゃがいもにスッと刺さる程度になったら火を止める
③ボウルにザルを渡し、①のじゃがいもを湯きりする。
そのまま暫く湯気をあてたまま冷ます(ボウルに茹でたお湯、その上にじゃがいもののったザル、下から湯気がじゃがいもにあたっている状態)
④皮に十字の切り込みをいれ、上から一度ポンと叩いたら皮を少しめくり、塩を振ってできあがり。

[スパイスのポイントと薬理効果]
じゃがいもは、フランスでは「大地のりんご」と呼ばれており、ビタミンC、B1、B6が豊富に含まれています。
その含有量はりんごの約5倍。でんぷんに包まれているので加熱によって壊れ難いという優れものです。
全国の収穫地にもよりますが、関東近県では5月~7月に”新じゃが”が出回ります。新じゃがは皮が薄く薬害も少ないので、シンプルに茹でただけで頂きましょう。

ドライローズマリーを茹でるお湯にいれると、じゃがいも特有のもわっとした臭みがさわやかな香りに変わります。ローズマリーには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングなスパイスとして注目を集めています。
ローズマリーの効能や相性の良い食材などはこちらをチェック!

スパイスレシピカテゴリの最新記事