薬膳なおにぎり

薬膳なおにぎり
Exif_JPEG_PICTURE

[ Recipe ]  ご飯1合分に対して(小さめのおにぎり5つ分)
白ごま:大さじ1
ドライジンジャ:小1
パセリ:小1
薬研掘七味:小1/5
  — あれば – 陳皮:小1

おじゃこ:大3

[ 作り方 ]
①胡麻はすり鉢で良くすっておきます
②ボールに①と全てのスパイスを入れてよく混ぜます。
③②におじゃこを入れて混ぜ合わせます。
④③に炊いたご飯をいれてさっくりと混ぜ合わせます
⑤④をにぎり、おにぎりの形にします。 塩は使いませんが、どうしても味をしめたい方は少量を手につけて、おにぎりをにぎってください。

*スパイスの辛味と芳香、おじゃこでほとんど塩味は必要ありません。お塩は少量にしてください。
*シソや柑橘系の果汁(スダチやカボス、ユズ)をかけて頂くのもお薦めです!

[ スパイスのポイントと薬理効果 ]
セサミンでお馴染みの胡麻は、健康効果が注目されているお馴染みのスパイスですね。乾燥した皮膚を潤し、便秘にも効果的と言われています。そこに、体を温め、代謝率を25%もアップすると言われているドライジンジャーや唐辛子、カルシウムが豊富なパセリをミックスしています。

免疫力アップ効果や風邪予防などにも良いとされている陳皮は、爽やかな香りと苦味があり、このおにぎりの主役にもなりうるスパイスなので、是非入れてほしいのですが、お持ちでない方も多いので今回は市販の七味を利用しました。
無農薬のおみかんの皮を2-3日干すだけで簡単に作れるので、みかんの美味しい冬の時期に是非作ってみてください。沢山の栄養効果がありますよ!
七味をお持ちでない方は、一味唐辛子だけでも大丈夫です。
七味には減塩効果もあるので、お塩を使わなくても美味しく食べられます。

スパイスレシピカテゴリの最新記事