冷え性におすすめ!鶏の八角炒め煮

冷え性におすすめ!鶏の八角炒め煮
冷えとりレシピ*八角と鶏肉の煮込み

冷えとり効果抜群!体を温める煮込み料理

八角はお腹を温める生薬として、漢方薬でも処方されるスパイスです。
その強い香りは中華料理で良く使われますが、甘く、競争的な香りが苦手な人も多いので、使う時は、ホール(原型)のまま使います。

使用量にも注意が必要。お鍋1杯のお料理には、星型の片をパキッと折ったものを3つくらいで十分です。

鶏肉には慢性下痢にも効果あり!体力を回復したい時に食べる滋養食!

また、鶏肉は漢方養生学では「滋養食」としても有名です。
虚弱体質の人、体力が落ちている時、病後などで元気をつけたい時は、豚肉や牛肉ではなく鶏肉を選ぶと良いですね!

鶏肉を目的を持って意識的に使うだけで、いつものメニューが「薬膳料理」に早変わりします!

滋養食!鶏肉の八角炒め煮のレシピ( 2人分)

スターアニス(八角):3かけら
唐辛子:1本

鶏肉または鶏手羽:1パック
えりんぎ:1パック
醤油:大匙1
酒:大匙1
砂糖:小匙0.5
塩:少々
油:少々
水100cc

さらに体を温める鶏肉の八角煮の作り方

①鶏肉は適当な大きさに切り、塩を振っておきます。
②鍋に油を引き、鶏肉または下処理した手羽を並べ焼き色をつけます。
③砂糖、酒、スターアニス、唐辛子をいれたら、えりんぎをいれます。
④水をいれて蓋をして煮込みます。鶏肉が柔らかくなったらできあがり。

お好みでカイワレ大根などを彩りに添えます。

スパイスのポイントと薬理効果

お腹の冷えや張り、食欲不振に効果があると言われている八角とお腹を温め元気を補ってくれる鶏肉を一緒に炒め煮します。
鶏肉は慢性下痢の改善などにもよく、虚弱体質の人や産後の体力回復に良い食材とされています。


寒さの厳しい大寒の時期の養生食にぴったりのメニューです。

スターアニス(八角)の香味は強いので、味の繊細さにかける所があります。
使う分量は、くれぐれも少なめに。

スパイスレシピカテゴリの最新記事