ターメリック餃子

ターメリック餃子
ターメリック餃子

ターメリック餃子のレシピ(約20個分)

ターメリック:小匙1/3
小麦粉:50g
強力粉:50g
塩:1つまみ
ぬるま湯:約50cc

ターメリック餃子の皮の作り方

①ボールに小麦粉、強力粉、塩、ターメリックを入れ良く混ぜ合わせる。
②①にぬるま湯を少しずつ加え、粉っぽさがなくなるまでこねる(お湯は様子を見ながら加え、耳たぶの固さになったらそれ以上は加えない)
③丸くまとめてラップに包み、冷蔵庫で30分以上寝かせる
④冷蔵庫から取り出し、棒状にしたら包丁で20個分に切り分ける
⑤打ち粉をしながら麺棒などで円くのばしたら出来上がり

ターメリックは入れすぎると土臭い!

ターメリックは味や香りよりも色味として利用されるスパイスです。沢山入れすぎると土臭くなってしまうので、分量はすっごく控えめにしてください。
色がつけば良いのですし、沢山入れたからといって健康効果が上がる訳ではありません。

ターメリックは疲れた肝臓の機能を高める効果がある

ターメリックには「ウコンの力」でもお馴染みの、クルクミンが含有されています。疲れた肝臓の機能を高める効果のほか、抗酸化作用による老化防止、アルツハイマー病の予防などでも注目されています。

スプン1杯(約2.5g)で「ウコンの力」約2.5本分と計算できます。
小匙1杯弱の少量でも十分ですので、小麦料理などには積極的に混ぜてみると、ターメリックの活用範囲が広がります。

スパイスイコール異国のお料理という感じがしますが、ターメリックは色味をつけるのが主目的のスパイスなので、それほど強烈な味がしませんから、日本人に馴染み深い定番料理や食材にも積極的に活用してみると面白いと思います。

ターメリックは1回のお料理で小さじ1/5くらいで十二分!

ただし分量は控えめに。
小麦粉などに練りこんで皮にする場合は別として、お料理に使う場合は鍋1杯で小さじ1/2がマックスです。

カレーでもこれくらいしか使わないので、通常は小さじ1/5くらいでも多いかもしれません。

スパイスレシピカテゴリの最新記事