ターメリックミルク

ターメリックミルク

ターメリックミルクでクルクミン摂取!

レシピ:マグカップ1杯分

ターメリック:小匙0.5
胡椒:お好みで
牛乳:200cc
バター:小匙0.25
塩:少々

レンジで簡単!ターメリックミルクの作り方

①マグカップにバターとターメリックを入れ、600Wのレンジで30秒あたためる 
②マグカップを取り出し、バターとターメリックを良く混ぜる
③②に牛乳を1cm程注ぎレンジで一瞬だけ沸騰させたら、マグカップを取り出し、よくかき混ぜながら牛乳を全て注ぐ
④再びレンジで沸騰しないように温める
⑤カップを取り出し塩で味をととのえたら出来上がり。

お好みで胡椒やガラムマサラを1つまみ振っても美味しいです。

*レンジは急に沸騰してこぼれますので沸騰しないように確認しながら温めてください。

お鍋でエネルギーをプラス!ターメリックミルクの作り方

レンジは手軽ですが、アーユルヴェーダーの「火(ピッタ)」のパワーをプラスするにはガス火で牛乳を温める必要があります。

鍋にお水を入れて(土と水のエネルギー:カパ)、ガス火(火のエネルギー:ピッタ)でグラグラさせると、お鍋の上がユラユラとします。これは火と水がアーユルヴェーダーのもう1つの元素「風:ヴァータ」を呼び起こしているんです。

アーユルヴェーダー5つの元素のパワーをもらう

ガス火で調理することは、アーユルヴェーダー5つの全ての元素を使うこと、つまり5つのエネルギーをお料理にプラスすることになるんですね!
ひと手間かけて、ぜひ、お鍋で作ってみてください。

おいしさが違うはずです!

①鍋にバターとターメリックを入れ弱火にかける
②バターが溶けたら火を止めて良くかき混ぜる。
③②に牛乳を少しいれ、良く撹拌したら残りの牛乳を注ぐ
④再び火をつけて、かき混ぜながら沸騰直前まで温める  
⑤塩で味を整えたら出来上がり

ターメリック(ウコン)は油分と一緒に摂取するのが鉄則です

ターメリックは味や香りではなく、色味を使うスパイスです。
香りや味はほとんどしませんが、入れすぎると土臭くなるので注意が必要です。

水に溶けず、油に良く溶ける性質を持っているので、油分の多いものとの相性がよく、吸収率も高まります。

ターメリックミルクのポイントは、バターでターメリックを良く練る事。
バターがなければマーガリンでもかまいません。しっかりとバターで練ったあと、少量の牛乳でさらに良くまぜ、一度沸騰させてから、すべての牛乳を注いでください。

イライラ・プリプリは肝臓に負担がかかっている信号

飲み会などが続いたり、疲れがたまっている時、そしてプリプリと怒っている時は、肝臓に負担がかかっている時です。

リラックス効果がある温かいミルクと肝機能を強化してくれるターメリックで、内蔵から癒してあげましょう!

スパイスレシピカテゴリの最新記事