パティシエは手作りしている!?バニラエッセンス

パティシエは手作りしている!?バニラエッセンス
ラムやウォッカで手作りバニラエッセンス

市販のバニラエッセンスにはバニラが入ってない?!

エタノール、グリセリン,プロピレングリコール、カラメル色素…….

実はこれ、パンケーキやお菓子作りに欠かせない「バニラエッセンス」の原材料表記なんです!どこにも「バニラ・ビーンズ(らん科バニラ属のバニラの種子鞘)」の記載が見当たりませんね。

実はバニラの鞘は非常に高価なため(1本数百円)、人工的に合成された成分をエタノール等に溶かしたものが、バニラエッセンスとして販売されているんです。

バニラエキストラクトはバニラじゃない!

「バニラエキストラクト」といって、バニラビーンズから抽出したバニラ抽出物と合成香料などを配合したものもありますが、いずれもナチュラルなものではないことに、変わりありません。。。

せっかくの手作りのお菓子に添加物って、なんだかとっても残念な気がします。

ウォッカやラム酒につけるだけ!手作りバニラエッセンス

そこで今日ご紹介したいのは、裂いて漬けるだけ!で、できちゃう天然のバニラエッセンスです。

実は多くのパティシエさんは、皆さんこうして手作りしているそうですよ。
漬け方も豪快に、ウォッカボトル1本まるごとバニラエッセンスにしちゃうそうです。

10年以上、秘伝のタレのようにお酒やバニラを追加しながら大切に使っている方もいるそうです。

自家製バニラエッセンのレシピ

ウォッカ、またはラム:100ml
バニラ・ビーンズ:1本[

自家製バニラエッセンスの作り方

バニラビーンズの鞘をナイフで縦に裂き、ウォッカやラム等の強いお酒に漬けるだけ。

*写真は1ヶ月半漬込んだ状態です。もう十分バニラの香りをぷんぷんさせていますが、3ヶ月くらい漬込んでから使用すると、良いと思います。

ウォッカに漬けるのが一般的のようですが、私は甘みのあるラム酒をお薦めします。

スパイスのポイントと効果

実はこれで普通のバニラエッセンスは完成なのですが、ここで、忘れてはいけないのが、パティシエさんも知らないかもしれない!?スパイスを入れるという技なんです!

ホールのクローブを1つ、瓶の中に入れてみてください!

クローブの中には、バニリンというバニラと同じ成分が含まれており、特に焼いた時に弱まってしまうバニラ臭を強めるという働きがあるので、バニラビーンズと一緒に漬込んでおきましょう。
入れすぎないようにご注意ください。100〜300mlに対して1つで十分です。

スパイスのお酒カテゴリの最新記事